都心直通プロジェクト

概要

相鉄は現在、関東の大手私鉄で唯一都心に乗り入れていない。そこで、JR線、東急東横線に直通運転を行い都心に直通運転を行うことが計画された。現在、相鉄・JR直通線が建設中。


※これらの写真は直通運転開始後のイメージです。実際にこれらの車両が直通運転に使用されるとは限りません。

路線

路線図(相鉄グループ公式サイトより許可を得て転載)

羽沢駅(仮称)は、JR東海道貨物線の横浜羽沢駅付近に設置予定

相鉄・JR直通線
区間:西谷〜羽沢(仮称)約2.7km
開業予定:2018年度内
運行区間:海老名、湘南台→相鉄〜直通線〜東海道貨物線〜横須賀線〜湘南新宿ライン→新宿方面

相鉄・東急直通線
区間:羽沢(仮称)〜新横浜〜日吉 約10.0km
開業予定:2019年春
運行区間:海老名、湘南台→相鉄〜直通線〜東急目黒線・東横線→目黒、南北線、三田線方面・渋谷、副都心線方面

 

完成後の利点

1.所要時間の短縮:横浜市西部から東京都心部への所要時間が短縮される。
2.乗換回数の減少:都心へ乗り換えなしで行けるようになる。
3.新幹線へのアクセス向上:東海道新幹線の新横浜駅付近に新駅を設置することにより、新幹線へのアクセスが大幅に向上する。

直通先の車両


JR東日本 E231系近郊タイプ
JR東日本の近郊型電車の主力車両。
東海道本線、東北本線、高崎線、湘南新宿ラインなどで活躍。

東急電鉄 3000系
目黒線の主力車両。
南北線、埼玉高速鉄道、三田線直通対応車。

関連リンク

都市鉄道利便増進事業 相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線

トップへ戻る